国語塾いはら教室

国語で伸びる、ことばで育つ

HOME»  ニュース

ニュース

ニュース

 

29年度の入試結果です

 

 

 <2018年3月20日>
 今年度の在籍者の入試がすべて終わりましたので、結果をご報告いたします。今年度の受験生6名(試験前だけのの小論指導も含む)のうち、合格者は以下の通りです。
大学
 神戸女子大学(文学部)
専門学校
 金沢医療技術専門学校(看護学科)
高校
 向陽高校・大阪商業大学堺高等学校 

 

28年度の入試結果です

 

 

 <2017年3月25日>
 昨年のこのニュース欄で、国語だけで合格が決まるわけではないので、合格しても当教室の実績とは言えないし、すべての生徒が志望校に合格するわけではないので、合格実績というようなものを華々しく掲載するのは志望校に合格しなかった生徒に申し訳ないので、入試等に関心がおありの方は、「在籍者の進学先」をご参考していただきたいと書きました。いまもその考えに変わりはないのですが、進学実績のようなものの『情報』をお知りになりたい方には、これまでの10年間の進学先一覧では情報公開が不充分かとも思いますので、今年から入試結果についてお知らせするようにいたします。
 ただし、結果をお知らせする時期はすべての生徒の結果が出てからとさせていただきたく存じます。まだ、合格発表どころか受験もしていない生徒がいる段階で「合格速報!」などとお知らせするのは、なにか浮かれすぎの感じもしますので・・・。
 なお、当教室の「在籍者の進学先」は、入試時期まで当教室に在籍していなかった生徒の進学先も掲載しています。どんな生徒がどんな形で進学したかは、できる限り「塾長ブログ」の「卒塾生たち」でお知らせしていくつもりですので、詳細のお知りになりたい方はそちらをご覧になってください。
 
大学
 大阪経済大学(情報社会学部)・京都外国語大学(外国語学部)
 同志社大学(文学部)・北海道大学(理学部)
高校
 笠田高校・和歌山北高校
中学
 開智中学

28年度入試時に在籍していた生徒で受験をしたのは、以上の7名です。

 

ウェブ詩集をつくりました

 

 

 もう20年もの間、実質的には活動していなかったのですが、私は野にいる詩書きで、詩集を自費出版したり、友人のエッセイ集に挿入詩を書かせてもらったりしていました。
 50歳をすぎて、もう一度活動を再開しようと思いましたが、商業誌に発表できるような立場でもないし、新しい詩集を自費出版するゆとりもないので、ウェブ上で詩を発表することにしました。「塾長プロフィール」のところにアドレスがありますので、もしご興味がおありの方は一度のぞいてみてください。
 ふだん子どもたちの書いたものには、いろいろアドバイスめいたことを言っていますが、書くということは儘ならないことだと、自分で書きながら実感します。それでも頭の中にあるものをことばにしてみるということが大切なのだと思います。
 いまの国語は読むことに大きな比重を置いていますが、私は子どもたちが書く機会をもっともっと増やすべきだと思っています。書くということは自分を見つめることですから・・・・・・。

 

茶会体感授業

茶会体感授業

 

今年も恒例のいはら教室のお茶会です。7月末に実施しました。
当教室では、できる限り五感を通して学ぶことを目標としています。
そのためにメトロノームのリズムに合わせて指を動かす運動や、発声練習など、一見読み書きとは直接関係のないようなことも授業に取り入れていますが、お茶会もその一環です。
お茶会の後に、五感で感じたものをシートに書き込みます。
茶道具や花、お菓子などを観、釜や茶筅の音を聴き、香や抹茶の匂いを嗅ぎ、茶碗や菓子に触れ、菓子と抹茶を味わう、普段の授業ではできない嗅覚や味覚も意識して、表現することがこの授業の目的です。

 

名を知ることによって今まで目にとまらなかった花にも気づくようになります。
  木槿(むくげ)という花の名を一つ覚えただけでも、子どもたちの見る夏の風景は変わってくると私は思います。

 

茶会体感授業

 

茶会体感授業

 

鉄や陶器、竹、杉、漆器などできるだけ材質の違うものを見て、そういったものの質感を知ってほしいと思います。
国語の世界は最終的には文字だけの世界なので、イメージする力が必要となってきます。
そうしたイメージの力を高めるために、テレビのような映像だけでなく実際のものに接する体験を子どもたちにはたくさん積んでほしいと思っています。

 

和菓子屋さんで買ったお菓子よりも、なぜ私の作った不格好な菓子のほうが子どもたちは喜んでくれます。
  そこで今年も手作りです。(これで手作り3年目ですが、そろそろネタ切れですが)今年は『寒氷』(かんごおり)という寒天と砂糖で作った菓子です。
子どもたちの一番の楽しみは、やはり何といっても、お菓子のようです。
感想もお菓子のことが圧倒的に多いです。
 

 

茶会体感授業

 

お問い合わせ

国語塾 いはら教室